Responsorium Harmonics

for wind orchestra(2016)

 

2Fl./Pic./Ob./EbCl./3BbCl./BasCl./Fg./2Alt-Sax./Ten-Sax./Bar-Sax./4Hrn./3Trp./3Trb./Euph./Tuba/Hrp./Timp./4Perc.

 

 

duration : ca. 8 min.

 

commission : Kunitachi College of Music

 

dedication : Yuri Nitta & Kunitachi Wind Symphony 

 

first performence : 26th November 2016, at Kunitachi College of Music Symphony hall

by Kunitachi Wind Symphony, Yuri Nitta(cond.) 

 

 

notice(japonais) :

 

レスポンソリウム・ハルモニクス

吹奏楽のことをフランス語でOrchestre d’harmonieと言いますが、管楽器のアンサンブルによる調和した響き=ハーモニーの美しさは、吹奏楽の持つ大きな魅力のひとつだと思います。この作品ではその「響き」に焦点を当て、メロディやリズムの成分は控え目に、音色やハーモニーの変化そのものが主役となるような音楽を企図しました。

タイトルのレスポンソリウムという語は、カトリックの典礼で歌われる「応唱」の形式に由来しています。ひとつのハーモニーが徐々に全体へと広がっていく様子、あるいはいくつかの響きが呼び交わされ、重なり合いながら楽器のあいだを移ろうさまを感じていただけたら幸いです(初演プログラムノートより)。